嗅覚障害

このエントリーをはてなブックマークに追加



▶耳鼻科で治療する代表的な鼻の病気について説明しています

嗅覚障害(きゅうかくしょうがい) 
鼻の粘膜が腫れて鼻の奥の嗅粘膜への交通が悪い場合は、鼻粘膜の腫れを改善させるお薬などで比較的簡単に症状を改善させることが可能です。
臭いを感じる神経の働きが悪くなっている場合には治るのに時間がかかる場合があります。根気よく内服薬や点鼻薬で治療していくことになります。風邪などの後に嗅覚障害が残ることが時にみられます。
鼻の中を観察し、原因に応じた治療を行うことが重要です。