新聞掲載 学会発表 論文など

このエントリーをはてなブックマークに追加



新聞掲載  院長:堀川利之


院長の、済生会病院での副鼻腔炎に対する鼻内内視鏡手術風景です


こどもの副鼻腔炎手術について回答 (2007年9月28日 福井新聞)


妊娠中の花粉症対策について回答 (2010年3月11日 福井新聞)


耳管開放症について回答 (2008年8月14日 福井新聞


済生会病院かけはし 甲状腺内視鏡手術について掲載



主要論文 
院長 Toshiyuki Horikawa, M.D., Ph.D
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed?term=Horikawa%20T%20Yoshizaki

Epstein-Barr Virus latent membrane protein 1 induces Snail and epithelial-mesenchymal transition in metastatic nasopharyngeal carcinoma. Horikawa T, Yoshizaki T, Kondo S, Furukawa M, Kaizaki Y, Pagano JS.
Br J Cancer. 2011 Mar 29;104(7):1160-7. Epub 2011 Mar 8.

Phosphorylated ezrin is associated with EBV latent membrane protein 1 in nasopharyngeal carcinoma and induces cell migration.Endo K, Kondo S, Shackleford J, Horikawa T, Kitagawa N, Yoshizaki T, Furukawa M, Zen Y, Pagano JS.
Oncogene. 2009 Apr 9;28(14):1725-35. Epub 2009 Feb 23.

Twist and epithelial-mesenchymal transition are induced by the EBV oncoprotein latent membrane protein 1 and are associated with metastatic nasopharyngeal carcinoma.
Horikawa T, Yang J, Kondo S, Yoshizaki T, Joab I, Furukawa M, Pagano JS.
Cancer Res. 2007 Mar 1;67(5):1970-8.

MUC1 induced by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 causes dissociation of the cell-matrix interaction and cellular invasiveness via STAT signaling.
Kondo S, Yoshizaki T, Wakisaka N, Horikawa T, Murono S, Jang KL, Joab I, Furukawa M, Pagano JS.
J Virol. 2007 Feb;81(4):1554-62. Epub 2006 Dec 6.

Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 induces the matrix metalloproteinase-1 promoter via an Ets binding site formed by a single nucleotide polymorphism: enhanced susceptibility to nasopharyngeal carcinoma.
Kondo S, Wakisaka N, Schell MJ, Horikawa T, Sheen TS, Sato H, Furukawa M, Pagano JS, Yoshizaki T.
Int J Cancer. 2005 Jun 20;115(3):368-76.

Expression of interleukin-8 receptor A predicts poor outcome in patients with nasopharyngeal carcinoma.
Horikawa T, Kaizaki Y, Kato H, Furukawa M, Yoshizaki T.
Laryngoscope. 2005 Jan;115(1):62-7.

Diagnostic value of serum EBV-DNA quantification and antibody to viral capsid antigen in nasopharyngeal carcinoma patients.Kondo S, Horikawa T, Takeshita H, Kanegane C, Kasahara Y, Sheen TS, Sato H, Furukawa M, Yoshizaki T.
Cancer Sci. 2004 Jun;95(6):508-13.

Induction of interleukin-8 by Epstein-Barr virus latent membrane protein-1 and its correlation to angiogenesis in nasopharyngeal carcinoma.
Yoshizaki T, Horikawa T, Qing-Chun R, Wakisaka N, Takeshita H, Sheen TS, Lee SY, Sato H, Furukawa M.
Clin Cancer Res. 2001 Jul;7(7):1946-51.

Induction of c-Met proto-oncogene by Epstein-Barr virus latent membrane protein-1 and the correlation with cervical lymph node metastasis of nasopharyngeal carcinoma.
Horikawa T, Sheen TS, Takeshita H, Sato H, Furukawa M, Yoshizaki T.
Am J Pathol. 2001 Jul;159(1):27-33.

Association of latent membrane protein 1 and matrix metalloproteinase 9 with metastasis in nasopharyngeal carcinoma.
Horikawa T, Yoshizaki T, Sheen TS, Lee SY, Furukawa M.
Cancer. 2000 Aug 15;89(4):715-23.

Transformation of Madin-Darby canine kidney (MDCK) epithelial cells by Epstein-Barr virus latent membrane protein 1 (LMP1) induces expression of Ets1 and invasive growth.
Kim KR, Yoshizaki T, Miyamori H, Hasegawa K, Horikawa T, Furukawa M, Harada S, Seiki M, Sato H.
Oncogene. 2000 Mar 30;19(14):1764-71.

Leiomyosarcoma of the larynx.
Yoshizaki T, Horikawa T, Nonomura A, Furukawa M.
J Laryngol Otol. 1999 Feb;113(2):167-9.

学会発表・講演  院長:堀川利之




2012年度
14th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology-Head and Neck Surgery
Our Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children
Toshiyuki Horikawa, Taeko Tanaka, Yoshinori Shimizu,Gota TsudaDepartment of Otolaryngology, Fukui Saiseikai Hospital


7回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 2012年 2012.06.21(木)-22(金) 岡山コンベンションセンター
当科での小児に対する鼻内内視鏡手術の経験
福井県済生会病院耳鼻咽喉科 
堀川利之 清水良憲 田中妙子 津田豪太

51回日本鼻科学会総会・学術講演会 2012927-29日 千葉 幕張メッセ
小児副鼻腔炎術後の外鼻、副鼻腔の発育
堀川利之 清水良憲 田中妙子 津田豪太
福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科

64回日本気管食道科学会総会・学術講演会 201211 8-9日 東京
堀川利之 津田豪太
25年経過後に救急搬送され遠隔転移が判明した甲状腺乳頭状腺癌症例

2011年度
第112回日本耳鼻咽喉科学会総会 2011.5京都 周術期のワーファリン休薬中に心原性脳塞栓を来たした一例 堀川利之、清水良憲 、田中妙子、津田豪太

10 Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children
 The 30th  International Symposium on Infection and Allergy of the Nose (ISIAN) Tokyo September 20th – 23th, 2011
Toshiyuki Horikawa, Taeko Tanaka, Yoshinori Shimizu, Gota Tsuda
Department of Otolaryngology, Fukui Saiseikai Hospital

2010年度
 

第111回日本耳鼻咽喉科学会総会  2010.5仙台
耳下腺手術へのFacelift Incision, Vessel Sealing System利用
堀川利之(1)(2)、清水良憲(1)(2)、田中妙子(1)(2)、津田豪太(1)、吉崎智一(2) (1)福井県済生会病院 耳鼻咽喉科頸部外科 (2)金沢大学医学部 耳鼻咽喉科頭頸部外科

72回耳鼻咽喉科臨床学会総会 2010/7 倉敷
頭頸部手術への凝固切開パワーソースの利用 堀川利之1,2、清水良憲1,2 、田中妙子1,2、津田豪太

21回日本頭頸部外科学会総会 2011/1 宇都宮
鼻副鼻腔乳頭腫に対する手術経験 堀川利之、清水良憲、田中妙子、津田豪太  福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科

武生薬剤師会勉強会 2011.1 耳鼻咽喉科でのアレルギー性鼻炎に対する治療 堀川利之

福井新聞 福井のドクター相談室 「妊婦の花粉症」 堀川利之

2009年度  

福井県済生会病院健康教室2009年4月 アレルギー性鼻炎の治療 堀川利之

第110回日本耳鼻咽喉科学会総会 平成21年.5月東京
Ligasure, Facelift Incisionを利用した耳下腺腫瘍手術
堀川利之1、杉本寿史1、田中妙子1、津田豪太1、吉崎智一21 福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科 2 金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科

第33回日本頭頸部癌学会総会・学術講演会 20096月 札幌
EBウイルス LMP1によるTwist, EMTの誘導および上咽頭癌転移への関与

堀川利之1 近藤悟2 吉崎智一2

1 福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科 2 金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科

第48回日本鼻科学会総会 2009年10月 島根 International Session

Experiences of Endoscopic Sinus Surgery for Children
Toshiyuki Horikawa1)   Shinji Tatsutomi2)   Tomokazu Yoshizaki2
1)           Department of Otolaryngology, Fukui Saiseikai Hospital   2)           Department of Otolaryngology, Head&Neck Surgery, Kanazawa University

20回日本頭頸部外科学会総会 2010/1 東京
Face lift incisionによるLigasureを利用した耳下腺腫瘍手術
堀川利之1、清水良憲1 、田中妙子1、津田豪太1、吉崎智一2
1 福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科 2 金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科

2010.3福井新聞ドクター相談室 「妊婦の花粉症」堀川利之

2008年度

内視鏡下甲状腺手術VANSの経験
第109回日本耳鼻咽喉科学会総会(20085月15-17日 大阪) 
堀川利之、杉本寿史、永田理希、津田豪太、吉崎智一(福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科)(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

小児に対する鼻内内視鏡手術の経験
第47回日本鼻科学会総会 (2008年9月25-27日 名古屋)堀川利之、三輪高喜、古川

Experiences on Video-Assisted Neck Surgery (VANS) as Otolaryngologists
11th World Congress of Endoscopic Surgery(September 4th 2008, Yokohama )
Toshiyuki Horikawa, Hiroshi Sakuma, Hisashi Sugimoto, Gota Tsuda, Tomokazu Yoshizaki

第30回福井県形成外科研究会平成20年11月20日福井 Facelift Incision, Ligasure使用による耳下腺腫瘍手術  堀川利之、杉本寿史、田中妙子、津田豪太

平成22年129日(木)・30日(金) 東京 第19回日本頭頸部外科学会総会
Facelist IncisionによるLigasureを利用した耳下腺腫瘍手術
堀川利之、清水良憲、田中妙子、津田豪太、吉崎智一  福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科  金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科

福井新聞 福井のドクター相談室  2008年8月14日(22面)耳管開放症

2007年度

Twist, EMTEBV LMP1による誘導および転移への関与
第108回日本耳鼻咽喉科学会総会(2007/5/17-19金沢) 堀川利之、近藤悟、吉崎智一、古川仭 

EBV Latent Membrane Protein 1によるTwist, EMT誘導および上咽頭癌転移への関与
第14回ヘルペス感染症フォーラム JHIF海外留学助成研究報告(2007/8/25-27札幌)堀川利之 

EBV LMP1による上皮間葉移行,Twistの誘導および上咽頭癌転移への関与
20回日本口腔・咽頭科学会総会(2007年9月名古屋)堀川利之、吉崎智一、古川仭

当科での内視鏡補助下甲状腺手術VANSの報告  第18回日本頭頸部外科学会総会(2008.1/31-2/1 京都)  
堀川利之、津田豪太、杉本寿史、永田理希 (福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科)

当科での耳下腺腫瘍手術– Face Lift Incision, Ligasureの利用 第23回日耳鼻福井県地方部会学術講演会(2008.3/8 福井) 堀川利之、杉本寿史、永田理希、津田豪太 (福井県済生会病院耳鼻咽喉科頸部外科)

福井新聞 特集 副鼻腔炎手術、内視鏡定着 (福井県済生会病院耳鼻咽喉科医長 堀川利之)2007年8月10日(12面)福井新聞 福井のドクター相談室 子供の副鼻腔炎治療 堀川利之 2007年9月28日

2006年度(米国留学中) 

The 12th Biennial Conference of the International Association for Research on Epstein-Barr Virus and Associated Disease : July 8-12, 2006, Boston,USA

LMP1 and Twist in NPC  Toshiyuki Horikawa, Joseph S Pagano

Virology in Progress (UNC LinebergerCancer Center) 2006.12 Chapel Hill, NC

LMP1 and Twist with Metastasis in NPC Toshiyuki Horikawa, Joseph S Pagano

2004年度

早期における切開排膿が奏功した小児副咽頭間隙膿瘍の二例 第66回日本耳鼻咽喉科臨床学会 2004.6.11-12青森 堀川利之、嶋田武文、津田豪太

堀川利之 当科における睡眠時無呼吸患者さんへの対応 福井県医師会睡眠時無呼吸症候群市民講座 2004.6.20. 福井

2003年度

堀川利之、吉崎智一、古川仭 IL8レセプターAの上咽頭癌予後への関与 第27回日本頭頚部腫瘍学会ミニシンポジウム 2003.6.25-27金沢

堀川利之、津田豪太、嶋田武文 集学治療が奏功した縦隔、後腹膜に進行した深頚部膿瘍の一例 65回耳鼻咽喉科臨床学会 2003.7.4-5 京都

Toshiyuki Horikawa,  Tzung-Shiahn Sheen, Tomokazu Yoshizaki, Hajime Takeshita, Mitsuru Furukawa. Induction of c-Met proto-oncogene by Epstein-Barr virus latent membrane protein-1 and correlation with cervical lymph node metastasis of nasopharyngeal carcinoma The 7th Japan-Taiwan conference in Otolaryngology, head and neck surgery  2003.10.29-31. 東京

堀川利之、吉崎智一、古川仭 喉頭癌進展に対するIL8レセプターの関与 第22回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2004.3.25-27.札幌

2002年度

堀川利之、吉崎智一、竹下元、古川仭 上咽頭癌転移へのLMP1による c-Met 誘導の関与第103回日本耳鼻咽喉科学会総会学術講演会 2002.5.16-18.東京

堀川利之、吉崎智一、古川仭 上咽頭癌予後へのIL8レセプターA の関与第15回日本口腔咽頭科学会 2002.9.14-15金沢

堀川利之、嶋田武文、津田豪太 経皮的ドレナージが著功した縦隔に進行した深頚部膿瘍 第18回日耳鼻福井県地方部会学術講演会 2003.3.8.福井

2001年度

堀川利之 アレルギー性鼻炎とのおつきあい 武生市教育委員会 命と健康を考える講座 2001.11.2.武生

堀川利之、嘉藤秀章、荒館宏、海崎泰治上咽頭癌予後へのIL8レセプターA の関与第17回日耳鼻福井県地方部会学術講演会 2002.3.2.福井

2000年度

Toshiyuki Horikawa,  Tomokazu Yoshizaki, Tzung-Shiahn Sheen, Shiann-Yann Lee, Mitsuru Furukawa. Latent membrane protein 1 and Matrix metalloproteinase 9 correlate and contribute to Metastasis in Nasopharyngeal carcinoma 8th Japan-Korea Joint Meeting of Otorhinolaryngology, head and neck surgery 2000.4.6-7. 京都

堀川利之 上咽頭癌転移機構の解明 金沢大学耳鼻咽喉科同門会総会2000.4.22.金沢

堀川利之、吉崎智一、竹下元、古川仭 上咽頭癌転移へのLMP1およびc-Met の関与第102回日本耳鼻咽喉科学会総会 2000.5.18-20. 東京 

堀川利之、吉崎智一、竹下元、古川仭 上咽頭癌におけるIL8レセプターの発現 第24回日本頭頚部腫瘍学会 2000.6.14-16. 東京

 Toshiyuki Horikawa,  Tomokazu Yoshizaki, Hajime Takeshita, Mitsuru Furukawa.
Association of Latent Membrane Protein 1 and Matrix Metalloproteinase 9 with Metastasis in Nasopharyngeal Carcinoma.
9 th Conference of the International Association for Research on Epstein-Barr Virus and Associated Diseases. 2000.6.22-27. New Haven

堀川利之、吉崎智一、竹下元、古川仭 上咽頭癌におけるLMP1, ets-1, c-Metの発現と転移への関与 第59回日本癌学会総会2000.10.4-6. 横浜

堀川利之、荒館宏、吉川淳、嘉藤秀章 動注化学療法が奏功した上咽頭癌の一例  第16回日耳鼻福井県地方部会学術講演会 2001.3.3. 福井 

1999年度

堀川利之、吉崎智一、竹下元、古川仭 上咽頭癌組織におけるLMP1MMP9の発現 第101回日本耳鼻咽喉科学会総会 1999.5.20. 仙台 

Toshiyuki Horikawa Association of Epstein-Barr virus with Metastasis in Nasopharyngeal Carcinoma  Beijing Institute of Otolaryngology特別講演 1999.9.25. 北京

Toshiyuki Horikawa,  Tomokazu Yoshizaki, Tzung-Shiahn Sheen, Shiann-Yann Lee, Mitsuru Furukawa. Latent membrane protein 1 and Matrix metalloproteinase 9 correlate and contribute to Metastasis in Nasopharyngeal carcinoma 5th Japan-Taiwan Conference in Otolaryngology, head and neck surgery 1999.10.21-22. 札幌

1998年度

第16回北陸頭頸部腫瘍研究会 1998年4月金沢 当科における超高齢者悪性腫瘍患者の治療
堀川利之、寺西重和、高柳晴実、杉本寿史、広瀬みづき、前川謙一、三輪高喜、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

日耳鼻学会北陸地方部会連合会第280回例会 1998年9月13日 金沢
顔面痙攣に対する塩酸ドキソルビシン選択的神経ブロック術
堀川利之、伊藤真人、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

第37回日本鼻科学会総会 1998年10月福井 鼻腔良性疾患におけるp53タンパク発現
堀川利之、任慶春、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

第4回金沢アレルギー研究会 1998年12月17日金沢 アレルギー性鼻炎の手術療法
堀川利之、石丸正、三輪高喜、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

1997年度

第40回日本気管食道科学会総会 1997年10月 旭川 当科における喉頭肉芽腫に対する治療経験
堀川利之、竹下元、三輪高喜、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

第7回日本耳科学会総会 1997年10月 高知 AdriamycinによるChemical Rhizotomyが著効を示したMeige症候群の一例 堀川利之、伊藤真人、木田真也、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

1996年度

日耳鼻福井県地方部会例会学術講演会  1997年3月 福井市 扁桃摘出術の効果
堀川利之、塚谷才明、嘉藤秀章(福井県立病院耳鼻咽喉科)

1995年度

日耳鼻学会北陸地方部会連合会第271回例会 平成7年9月3日 金沢 後鼻孔狭窄症に対するKTPレーザー手術堀川利之、浦本直紀、竹下元、古川仭 (金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)

第40回日本聴覚医学会総会 平成7年9月29日 東京 血管造影後に生じた一側性急性感音難聴症例
堀川利之、高橋桂子、西村俊郎、古川仭(金沢大学耳鼻咽喉科頭頸部外科)


●済生会病院広報誌かけはしに掲載 2015年9月号


● FBCテレビおじゃまっテレ健康いちばん(201512月8日)にて、院長がアレルギー性鼻炎について解説。


● 2016.3月 月刊はうすくらぶ HomeDoctorの横顔に掲載



● 2017年1月フジテレビ正月特番”100人のススメ!”にて、取材に協力しました