睡眠時無呼吸症候群

このエントリーをはてなブックマークに追加
睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)の検査・管理を、福井県越前市の耳鼻咽喉科堀川医院にておこなっております。



”快適な睡眠で快適な毎日を!”

いびきが大きい、寝ている間に呼吸が止まっているよう、目覚めが悪い、日中に眠くなる、、、などの症状が気になる方はぜひお気軽に堀川医院までご相談ください!
専門医の診察・治療で、快適な睡眠とともに健康な毎日を過ごしましょう!
 



正しい診断と適切な治療を受けましょう!

▶睡眠時無呼吸かな?と思い当たるかたは、ぜひ一度当院にご来院のうえご相談ください
▶睡眠時無呼吸が疑われる方では、睡眠検査をおこないます。
▶ご希望の方へ、検査機器をレンタルし、自宅で機器を装着のうえ一晩検査していただく簡単な検査になります



検査・治療の流れ <睡眠時無呼吸>

  1. ご予約 ご来院

    予約サイトからのインターネット予約、電話予約、窓口での予約ができます。(▶順番予約ページをご覧ください)
  2. 診察

    耳鼻咽喉科専門医により、鼻・のどを中心に睡眠時無呼吸の原因となる病変がないか等、診察をいたします。
  3. 睡眠検査

    検査機器をレンタルし、自宅で機器を装着のうえ一晩検査していただく簡単な検査になります。 <検査料:約2700円(3割負担の方)> (検査は健康保険の適応になります)
  4. 治療

    ご自宅での検査後に再診いただき、解析した睡眠検査の結果を説明し治療のご提案をいたします。ご納得いただけましたら、治療を開始いたします。(患者さまのご希望や意志に反した治療はいたしません。)
★自宅で一晩装置を装着する簡単な検査です。忙しい方でも検査をうけることができます。

▶睡眠時無呼吸症候群とは?
睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS サス)とは、寝ている間に呼吸がとまる状態を繰り返す病気です。10秒以上の気流停止を無呼吸とし、無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上、若しくは1時間あたり5回以上あれば、睡眠時無呼吸とされます。
成人病を代表とする様々な病気と関係し健康を損ねるのみならず、居眠りによる仕事への影響、また居眠り運転事故、など経済的社会的に重大な悪影響を及ぼすことがあります。
寝ている間の無呼吸になかなか気付かないので、検査・治療を受けていない多くの潜在患者がいると考えられており、日本人の約4%に睡眠時無呼吸があるとも言われています。
この病気が問題なのは、睡眠時無呼吸が、私たちのいろいろな活動に影響を及ぼすこと。気付かないうちに日常生活に様々なリスクを生じる可能性があるのです。
正しい診断治療をうければ、健康で快適な生活を送ることが可能です。

当院では睡眠時無呼吸についての検査・管理をおこなっております。思い当たる方はぜひ当院までご相談ください。


最新の睡眠検査機器を導入しました

▶2015年12月からPhilips社WatchPATを導入。さらに精度の高い検査が可能になりました。

睡眠時無呼吸の治療について

▶減量、生活習慣の改善、cPAP、マウスピース、外科的手術 などが代表的な治療選択肢になります。
▶鼻・のどの診察結果、睡眠検査の結果等から治療についてご提案いたします。

cPAP(シーパップ)とは?
CPAP(シーパップ)療法=Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法」とは、閉塞性睡眠時無呼吸タイプに有効な治療方法として欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。寝ている間の無呼吸を防ぐために気道に空気を送って気道を開存させる治療です。
CPAP装置から鼻や口に装着したマスクを通じて気道へと空気を送ります。睡眠検査の結果により保険適応での治療が可能で、当院でも多数の方がこの装置を使って快適な睡眠を確保しています。


新しい治療法 nastent(ナステント)

睡眠時無呼吸に対して、ナステントという鼻腔挿入デバイスを用いる対策が新たに始まりました。
詳細は、ナステントホームページ をご覧ください。(現在当院での取り扱いはしておりません)



こどもの睡眠時無呼吸では?
子供にとって、十分な睡眠を得ることは、心身の成長においてとても大事です。こどもの場合、扁桃腺(口蓋扁桃)やアデノイドが大きく睡眠時無呼吸を起こしている場合がしばしばみられます。診察の結果と、無呼吸の程度などによって、手術(扁桃摘出、アデノイド切除など)をご提案することがあります。ご心配な方は医師とよくご相談ください。


▶さまざまな病気が合併します

睡眠時無呼吸症候群(SAS)には、様々な生活習慣病が合併します。
睡眠は量的にも質的にも満たされている必要がありますが、SASによって適切な睡眠がとれていないと生活習慣病の発生や悪化に影響を及ぼすことになります。

以下のサイトで睡眠時無呼吸と生活習慣病について詳しく解説されています








睡眠時無呼吸症候群に関する院長の講演発表

当科における睡眠時無呼吸患者さんへの対応 福井県医師会睡眠時無呼吸症候群市民講座 2004.6.20. 福井
堀川利之 福井県済生会病院耳鼻咽喉科医長

▶新聞掲載 学会発表論文ページ

睡眠時無呼吸に関する関連サイト

*以下すべてのサイトに当院が掲載されております

 



睡眠時無呼吸に関する新聞記事

睡眠時無呼吸症候群は社会的にも大きな問題となっています。専門医による診断と治療が多くの方の健康と健全な社会生活のために必要です。

●2013年10月29日福井新聞 睡眠時無呼吸症候群が仕事に支障


●2013年12月10日福井新聞 睡眠時無呼吸症候群は女性にも多い


●2015年11月30日福井新聞 睡眠時無呼吸の治療は、夜間頻尿や心臓の状態も改善する