禁煙治療

このエントリーをはてなブックマークに追加
禁煙外来・禁煙治療を、福井県越前市の耳鼻咽喉科堀川医院にておこなっております。

禁煙治療
  ”飲み薬による治療と、体に貼るパッチ薬による治療があります”
タバコは百害あって一利なし、、、皆さんあちこちで嫌というほど耳にしているフレーズでしょう、、。とは言えなかなか一人で禁煙するのが難しいのも事実です。
堀川医院では禁煙外来・禁煙治療をおこなっています。保険適応による薬で無理なく禁煙が可能です。禁煙治療の代表的なもののひとつである
チャンピックス内服による治療は、約3ヶ月間、2週に一度通院し薬をのむことで治療します。そして幸い、当院で治療を受けた大部分の方が禁煙に成功しています。またニコチンパッチ(ニコチネルTTS)を体に貼っておこなう禁煙治療の選択肢もあります。
喫煙はご自身だけでなく家族の健康を損ねます。受動喫煙は、ご家族の中耳炎・副鼻腔炎の悪化因子にもなる
と考えられています。あなたとあなたの家族の健康のために、ぜひ医師とともに禁煙しましょう!
お気軽に堀川医院までご来院のうえ医師にご相談ください

”医師と共に無理なく禁煙し健康な生活を送りましょう!ぜひお気軽にご相談ください。”


ニコチン依存症とは

やめたくてもやめられないタバコの喫煙習慣は、治療が必要な病気です。ニコチン依存症とは薬物依存症のひとつで、努力してもやめられない方が多数おられます。次の「ニコチン依存症を判定するテスト」でニコチン依存症かどうかチェックしてみましょう。

※ 最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います。健康保険等の適用が可能かどうかは別途確認して下さい。

各設問に対し「はい」または「いいえ」を選択してください。合計点が5点以上でニコチン依存症と判定されます。

  はい
(1点)
いいえ
(0点)
Q1 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。
Q2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。
Q3 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか。
Q4 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
  • ・イライラ
  • ・眠気
  • ・神経質
  • ・胃のむかつき
  • ・落ち着かない
  • ・脈が遅い
  • ・集中しにくい
  • ・手のふるえ
  • ・ゆううつ
  • ・食欲または体重増加
  • ・頭痛
Q5 上の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか。
Q6 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか。
Q7 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか。
Q8 タバコのために自分に精神的問題が起きていると分かっていても、吸うことがありましたか。
Q9 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。
Q10 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度かありましたか。


新しい治療方法! ニコチンを含まない飲み薬

やめたくてもやめられない喫煙
ニコチンを含まない飲み薬による禁煙治療は、イライラなどのニコチン切れ症状(禁断症状)を軽くし、タバコをおいしいと感じにくくします。
1日2回※1、食後にクスリを飲みます。
飲み始めの1週間はタバコを吸いながら服用し、8日目に禁煙を開始します※2
通常、服用期間は12週間(約3か月)です。

長所

医師が処方します

  • ※1 1日1回から開始し、飲み始めの1週間で徐々に服用量を増やします。
  • ※2 自然にタバコを吸わなくなった場合は、8日目を待たず早めに禁煙に入ります。

 

パッチを貼る治療方法もあります

  • タバコに代わって、パッチを貼ってニコチンを体内に摂取することで、禁煙時の不快な離脱症状を緩和し禁煙に導く治療方法です
  • 8週間の間、2週に一回通院し、ニコチンパッチを体に貼って治療をおこないます






以下のサイトに禁煙治療について詳しく解説されております。またサイト中には当院が掲載されております。

   


禁煙事業への協賛

  • 堀川医院では、種々の禁煙事業へ協賛しております


福井新聞 禁煙広告への協賛